てつとお(ポケモンガオーレ、アニポケ、鉄道)のブログ

てつとおのブログ

主に鉄道記事、アニメ感想を書いています。

Extreme Hearts 最高でした!最終回、感動です。

こんにちは!
深夜ですが、熱が冷めないうちに簡単にエクハの感想を書いていきたいと思います。終わってしまいましたよ…エクハ。正直に言うと、1話の時にここまで好きな作品になるとは思いませんでしたよ。次世代スポーツが面白いアニメというだけでなんとなく笑いながら見ていたのに、いつのまにか葉山芸能のみんなを心から応援して、アツくなって、毎週日曜日の1:30に待機して…もう、本当に素晴らしいアニメですね。
このアニメの何がよかったのかというと、やっぱり、Riseが一つになっていく過程をじっくり描いてくれたことなんですよ。私はそこで一番キャラを愛せるようになったと思っています。葉山所長とさきちゃんの物語をベースとして、まずはこの二人の友情を、そして新規加入の子たちも、過去の掘り下げを行いながら、勧誘の段階から描くことで、5人の仲の良さをとにかく実感することが出来ました。だからこそ、みんなを応援したくなりましたし、この最終回で感動したのだと思います。やっぱり、余計なことはしなくていいんですよ。一生懸命頑張るみんなの姿をちゃんと映してくれれば、やっぱりそれだけでキャラを愛せるし、かわいく思えてくるし、12話を通して、とにかくチームのことを掘り下げて描いてくれたことがこのアニメの良さだと思います。
そして最終回、待ちに待ったwinnig liveですよ。Riseの一曲目の曲がめちゃくちゃかわいかったですね!このアニメ、歌も最高なんですよ。Riseは割とかっこいい感じの曲が多いですよね。(恋の気持ちをうたった「大好きだよって叫ぶんだ」もかっこいい系でしたし)。そんな中で、このゆったりなテンポで、仲良く手をつないで、かわいらしく踊っているこの曲ですよ、尊すぎますね。やっぱりRiseいいですよ。本当にかわいかったです。
そして、やっぱり全力チャレンジャーですよ。ひよりちゃんがステージ上で泣いてしまうシーンに私もぼろ泣きですよ。仲間は居るといっても、一人で事務所を立ち上げて、ここまで這い上がって。最初は河川敷だったのに、あんなに大きなステージに立てて、本当によく頑張りましたよ。もう、ほめてあげたいぐらい。決勝戦で高く飛んで、足までけがをしてつかみ取ったステージなんですよ。感動せずにはいられないでしょう。所長のあの涙、やっぱり、夢が叶いつつあることへのあふれる思いとか、最初は一人きりで投げ出されて路頭に迷ったのに、今は一緒に歌ってくれる仲間や応援してくれるファンがいることへの感謝とか、そういう様々な思いがつまっていたのだろうなと思いますよ。特に、4人が前に出て踊っている姿を見て、所長が叫ぶ姿、あれが仲間を大切に思っているんだということが伝わってくる一番のポイントだと思いました。そして5人とも音程を外れて「どんな時もすっと」と最高の笑顔で集まって歌うシーンとか、あんなの見せられたら推すしかないじゃないですか。最後のライブで最高のものを見せてくれました。あの子たち、全力で楽しんでるんだなって、見てるこっちが涙が出てきて、最高でしたよ。
このアニメに文句をつける所はありません。とにかく、この3か月間、Riseのみんなやノノちゃんを全力で応援できて本当に楽しかったです。ノノちゃんも、契約更新して本当に良かったです。あのシーンをエンディングでさらっと流すのですから、ずるいですよね(笑)ライブでノノちゃんやいっちゃんたちへの感謝を伝えていた点もすごくよかったです。葉山所長の優しさを実感できるポイントの一つですね。
とにかく、最高のアニメでした。ここで終わるのが勿体ないですよ。それぐらいハマりました。終わるのが惜しいです。まあ、何はともあれ、12話楽しませてくれて、本当にありがとうございました!

【ガラガラ】三連休初日のTHライナーに乗ってみた!


こんにちは!
今回は乗車レポです。前回、新宿始発スペーシアがガラガラであったというお話をしましたが、今回は霞が関からTHライナーに乗車してみましたので、今回はそのことを記事にしたいと思います。
この日は、豊洲pitで行われていた、リスアニライブに参加して、星見プロダクションを応援した後、夜ご飯も食べたいし、混んでいる電車には乗りたくないということで、THライナーを利用しました。平日ではなかったので、日比谷線もあまり混んでいない中での、THライナー乗車です。果たしてどのぐらいの乗車率だったのでしょうか。乗車したのはTHライナー8号、霞が関を20:02発で、この日のTHライナーの最終便でした。



まずは、霞ヶ関時点での乗車率です。私が乗車した号車の霞が関時点の乗車人数は…

なんと私以外だれも乗車していませんでした(笑)まさかの、貸し切りです(笑)他の号車も乗る人がいるかいないかレベルで、私の号車と同じぐらいの乗車率だったと思います。まさか、誰も乗って来ないとはおもいませんでした。霞が関の官僚さんはさすがに祝日出勤はないのでしょうか?それとも20時には帰れないのでしょうか…(もしそうだったら恐ろしい…)
というわけで、貸し切り状態で、霞が関を出発です。続いての停車駅は銀座ですが、さすがに銀座からは乗車してきました。その人数は1人です(笑) 銀座出発時点でも、私の乗車した号車には2人しかいないという状況でした。

続いては茅場町です。茅場町からも1人乗車してきましたが、この方はなぜか車内うろうろして着席せず、最終的に前の号車の優先席(優先席は座席が回転しません。)に座りました。そう、間違い乗車ですね。この方、次の秋葉原で降りて行きましたので、間違い乗車ということでした。今回の乗車中、間違い乗車をする人がかなり多かった印象です。平日に利用するときはほとんど間違い乗車を見たことがないのですが、今回は祝日で日比谷線に乗りなれていない人が多かったのでしょうかね?次の秋葉原や上野でも間違えて乗って来る方がいらっしゃいました。ということで、茅場町からの正式な乗客はゼロでした。

↑間違えて乗車された方が座っている優先席



次の秋葉原では、なんと4人も乗ってきましたが、そのうち一人は間違えだったようで、実質の乗車人数は3人(2人のグループとソロの方)でした。上野からも一人乗車してきましたが、その方も、次は新越谷まで止まりませんという車掌さんの放送を聞いて、降りて行ったので、上野からはゼロでした。ということで、私の号車には6人が乗った状態(その後、他の号車から移動してこられた方がいました)で東武線に直通しました。

THライナーは回転できる座席が計36席なので、着席定員の1/6の乗車人数だったということになります。これまで私が利用してきた時も、だいたいそれぐらいの人数で、隣に人が座ったことは一度もありません。このレベルの乗車率で採算は取れるのでしょうかね?私はアキバの帰りとかに時間が合えば使うことが多いので、廃止にはなってほしくないなというのが正直な感想ですが、しょせん「遊ぶ時だけ利用する客」で通勤客のような定期的な利用客ではないので、あまり口出ししない方がいいですね(笑)



というわけで、THライナーも相当にガラガラだったというお話でした。個人的には東武直通でのんびりできて、疲れた日の帰りにあると最高な電車なんですけどね…どうも浸透しないようですね。そもそも日比谷線から新越谷までノンストップなので、そこまで利用するお客さんは少ないのでしょうかね?個人的には便利な車両だと思うのですが、そう簡単ではないのでしょうね。
最後までご覧いただきありがとうございました!

817系 大量転属&821系 熊本転属 713系にも影響か?


こんにちは!
ダイヤ改正から1日経ち、徐々に全貌が分かってきました。今回のダイヤ改正では車両に大きな動きが起こっています。今回はそのうち、817系と821系の動きについてまとめていきたいと思います。

817系 大量転属!12編成が鹿児島へ


↑817系

まず、今回の改正では817系に大きな動きが起こっています。というのも、熊本、佐世保、直方所属の817系計12編成が鹿児島地区に転属しました。(詳しくはこちら)うちわけは、熊本車が7編成、佐世保車が4編成、直方車が1編成となっています。長崎地区の車両に大きな動きがあるのではないかと思っていましたが、大きな動きがあったのは熊本車でした。この12編成という本数、単純に415系を置き換えるのに必要な本数を優に越しており、(415系の運用をそのまま置き換えるのならば、8編成で足りてしまいます。)今後の状況次第では、713系にも影響が及ぶ可能性が出てきています。実際に、本日の713系の4両編成の運用は817系に変更となっており、本日は2編成のみが運用に就いたようです。713系に関しても今後の動向に注目です。

↑821系



熊本を中心に転属となった817系ですが、熊本車の817系は主に減便と821系の熊本地区での営業運転増加によって賄われています。それどころか、821系のうち、少なくとも2編成が熊本に転属していることがあきらかとなっており、日中も熊本地区で運用に就くなど、821系の運用が増加しています。さらに、豊肥本線にも活躍路線の幅を広げています。直方~門司港間のシャトル運用も821系が担っており、10編成しかないがながらも、821系は今回の改正からは様々な地区で活躍しているようです。また、熊本始発門司港行のロングラン運用にも821系が充当されており、こちらにも注目が集まっています。そのほか、821系に関しては、大分地区での営業運転は確認されておらず、大分地区は813系が導入されているほか、415系1500番台の一部編成の転属も確認されています。
このように様々な形式が影響を受けたダイヤ改正でした。817系12編成転属は予想外でした…。713系も危ないのかもしれないほどの本数になっていますね。今後の動向に注目です。
最後までご覧いただきありがとうございました!

【順次更新】813系、817系、821系、415系1500番台 転属・移動情報【大移動】


こんにちは!
この記事では、ツイッターなどの目撃情報をもとに、転属や、送り込みなどの情報をまとめていきます。主に動きの出ると思われる817系、813系、821系、415系1500番台を一挙にこの記事に記載していきたいと思います。

【813系】

813系RM3408編成→大分送り込み(9/22日中)
813系RM3101編成→大分送り込み(9/22日中)→当日中に大分地区で運用入り
813系RM3108編成→大分送り込み(9/22日中)
追記:813系は転属ではありません。南福岡所属のまま大分での運用が増えています。



【817系】

817系VT513編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT515編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT517編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT521編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT1505編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT1506編成(熊本)→鹿児島へ
817系VT1512編成(熊本)→鹿児島へ
817系VG1510編成(直方)→鹿児島へ
817系VN025編成(長崎)→鹿児島へ
817系VN027編成(長崎)→鹿児島へ
817系VN523編成(長崎)→鹿児島へ
817系VN529編成(長崎)→鹿児島へ

【821系】

821系UM006編成(南福岡)→熊本へ(転属)
821系UM008編成(南福岡)→熊本へ(転属)



415系1500番台】

415系FM1514編成(南福岡)→大分へ(転属、Fo1514)
415系FM1515編成(南福岡)→大分へ(転属、Fo1515)
415系FM1518編成(南福岡)→大分へ(転属、Fo1518)
415系FM1519編成(南福岡)→大分へ(転属、Fo1519)

【キハ220】

キハ220-206(大分)→熊本へ
キハ220-209(大分、SSL塗装)→熊本へ

最後までご覧いただきありがとうございました!

【随時更新】415系大分&鹿児島車 疎開状況一覧


こんにちは!
今回は情報記事です。ダイヤ改正をもって引退した415系鋼製車ですが、引退と同時に疎開の動きも出ています。今回はその疎開状況をまとめる記事としたいと思います。この記事の執筆時点では、まだわかっていない情報が多く、穴が多い状況ですが、今日から明日にかけて随時更新していきます。

【大分車】
Fo103 柳ヶ浦疎開
Fo105 荒木疎開
Fo106 熊本疎開
Fo108
Fo110 熊本疎開
Fo111
Fo112 門司港疎開
Fo117 門司疎開
Fo118 門司疎開
Fo119 門司港疎開
Fo120 津久見疎開
Fo122 門司疎開
Fo123 柳ヶ浦疎開
Fo124 津久見疎開
Fo126 熊本疎開
Fo520 門司疎開

【鹿児島車】
Fk513 門司港疎開
FK514 荒木疎開
FK515 鹿児島車両センター留置(所属先)
FK516 鹿児島車両センター留置(所属先)
FK517 鹿児島車両センター留置(所属先)


【更新】
0:54 415系白8連 南福岡 下る
1:00 415系白4連 南福岡 下る
1:21 FK514編成は荒木疎開だと確定
1:28 Fk513編成 日豊本線上り反映

【さらば最古参メトハチ】メトロ8000系8105F 廃車回送

こんにちは! 
本日、東京メトロ8000系8105Fの廃車回送が行われています。49Sで回送されていく様子を撮影しました。

↑8105F 廃車回送の様子

この車両はメトロ8000系最古参の編成です。先日、検査出場をして話題となったトップナンバーの8101Fは実は最古参の編成ではなく、この8105Fが最古参の編成でした。この編成が廃車となることから、メトハチで最も古い編成が半蔵門線から消えることになります。
気がつけばメトハチの廃車も8編成目。かなりの数が廃車となってしまいました。あっという間に感じますね。



ちなみに今年度導入分予定の18000系によって置き換えられるのはこの編成が最後の予定ですが、既に来年度以降納入予定であった18110Fが納入されていることや、18104Fの導入分の置き換えがまだ済んでいない(D-SR無線工事予備車確保のため)ため、もしかするともう1編成、今年度中に廃車が発生するかもしれません。そうなった場合、次の離脱候補は8119Fです。この編成はD-SR無線の工事も行われていないので、先は長くないのかもしれません。そのことをお伝えして、この記事を終わります。
最後までご覧いただきありがとうございました! 

【明日】JR九州ダイヤ改正!注目ポイントをおさらい

こんにちは!
ついに、明日、JR九州ダイヤ改正を行います。規模としては、主に減便などで大きな衝撃の走った2018年3月改正を超す大規模な改正となります。大まかな注目ポイントは西九州新幹線開業と大幅な減便です。それでは、今回のダイヤ改正によっておこる主な動きを簡単に復習していきたいと思います。特に九州の方は本日と明日の参考になればと思います。

本日限りで消えるもの

885系/787系による博多~長崎間の特急「かもめ」
415系鋼製車(100/500番台)※大分・鹿児島共に引退が発表済み
長崎本線肥前浜~長崎間の電化終了(それに伴い、長崎地区の817系、415系撤退)
肥前山口駅(翌日から江北駅に名称変更)
折尾シャトル/羽犬塚快速(415系運用)
佐土原~宮崎間 気動車運用
鳥栖~八代間 区間快速(日中)
九州横断特急 別府乗り入れ

新しく誕生するもの

西九州新幹線 武雄温泉~長崎開業
リレーかもめ号(783系・787系885系)博多~武雄温泉
かささぎ号(783系・787系885系門司港肥前鹿島
キハ47・YC1系 江北~長崎 デビュー
ふたつ星4047 デビュー
小倉始発直方行日中列車(折尾シャトル代替)
一部ロングラン運用(熊本~門司港直通運用など)
長崎・熊本・鹿児島地区 全列車ワンマン化
江北駅

動向の気になるもの

813系/821系 運用拡大について(大分・直方・豊肥本線などへの進出はあるのか)
415系1500番台 Fo1501編成 離脱の有無
713系 離脱の有無(離脱しない可能性大?)
817系 配置変更(主に長崎→鹿児島に転属か?)

主にこのようなところでしょうか。
やはり一番の注目は西九州新幹線開業とそれに伴う、特急形態の変更と、非電化化。そして415系鋼製車の撤退でしょうか。抜けがあるかもしれませんが、ご了承ください。
最後までご覧いただきありがとうございました!