てつとお(ポケモンガオーレ、アニポケ、鉄道)のブログ

てつとおのブログ

主に鉄道記事、アニメ感想を書いています。

京成3400形と3700形、似たような形式が二つも誕生したのか?【似ているようで全然違う!?】


こんにちは!
今回は京成電鉄に関する記事を書いていきたいと思います。京成電鉄には様々な形式が所属していますが、その中でも今回は1990年前半誕生組の3400形と3700形を扱っていきたいと思います。まずは下の写真をご覧ください。

この写真には左から3700形と3400形が載っています。写真を見ても分かる通り、この二形式の前面は非常に似ていますよね。実際にほぼ同じ設計で作られた車両となっており、誕生時期も3700形が1991年、3400形が1993年と、ほぼ同時期の設計です。では、なぜ姿も製造年も似ている両形式が同じ形式とはならず、二形式も誕生したのでしょうか?今回はこのことについて扱ってみたいと思います。

二形式の相違点


まずは、形式が分かれた理由の前に相違点を列挙していきたいと思います。
まず、車体の相違点ですが、大きな違いはたった一つ。ステンレス製か鋼製かです。3700形がステンレス製、3400形が鋼製です。1991年時点では他社車両も含め、ステンレス製が主流となっていたので、3700形がステンレス製で落成したのは当時のスタンダードと言えると思います。3400形は、時代に少々逆光したような形になると思います。現在では行先表示器や前照灯などの違いで顔の雰囲気もかなり異なりますが、こちらは後に更新されたか否かの違いですので、製造段階ではほぼ相違はありませんでした。
続いて制御機器についてです。こちらも二形式では大きく異なります。3700形がVVVF(GTO)、3400形が界磁チョッパとなっています。3400形のほうが後に落成したにも関わらず、3700形よりも古い制御装置が用いられていますね。そのほか、台車やブレーク類も細かいので型の記載は控えますが、異なったものが使われています。現在ではこの差が影響して、3700形は更新も行われ現在も全編成が現役なのに対し、3400形には更新が行われず、廃車も発生しています。




大きな違いはこれぐらいかと思います。このような差異があることが分かったと思いますが、それではなぜこのような差が生まれたのでしょうか。答えは単純なもので、3400形は旧型車両の再利用を目的として作られた車両であるからです。
詳しく書いていきますと、3400形は、初代スカイライナーのAE型の床下機器を生かすために誕生した形式です。実は3400形の床下機器はほぼすべてが初代AE型からの流用品なのです。初代AE型という形式はスカイライナーの一番最初の形式で1973年に誕生しました。その後、京成の看板特急として活躍するのですが、その活躍期間はあまり長くはなく、1993年には全廃となってしまい、およそ20年前後で引退を迎えてしまいました。車体に関しては劣化が進んでいたようですが、20年程度ならば足回り機器はまだまだ使える状態でした。そんな状況で足回り機器まで廃棄してしまうのは勿体ない、そこで誕生したのが足回りのみを流用した3400形というわけですね。当然ながら、流用したのは足回りのみで、車体は完全新造となっています。そのため、3400形は当初から足回りも含め、完全新造で作られた3700形と違い古い機器が使われているのですね。3400形と3700形にはこういった明確な違いがあるので、見た目や製造年が似ていても形式が分けられたというわけです。

ここで気になるのはなぜ3700形はステンレスなのに、3400形は鋼製なのかということではないでしょうか。車体は完全新造で共通設計ならば、3400形もステンレスで作ればよかったのではないかと思われるのではないでしょうか。これには製造工場の違いが影響しているものと思われます。3700形に関しては、完全に新造なのですべての車両が日本車輛や東急車輛といった車両の製造会社にて新造されました。一方で3400形は大栄車輌という、3400形の車体新造以前は車両の更新などを中心業務としてきた、割と小さな車両工場にて車体が新造されました。(ケーブルカーなどで車体新造の実績はあり)そのため、当然ながらステンレスでの車両実績はありませんでした。ですので、当時の大栄車輛でステンレス製の車両を作る技術が無かったという可能性が高いと思われます。こういった車両工場の違いが車体の違いにも影響しているのでしょう。



このように3400形と3700形は見た目は似ていても、車体の性質から走行機器、製造工場まで大きく異なっていることが分かると思います。そもそも3400形は初代AEの流用ということで、あまり長く使う事を前提としていないということが、車体を鋼製で作った時点で分かるのではないかと思います。そんな車両が製造から30年近く残って、更にSR無線まで取り付けてこれからもつかう気満々なわけですから、3400形は本当に凄いと思いますよ。おそらく少なくともあと数年は活躍するのでしょうから、3400形の今後にも注目していきたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!

東武100系105Fが廃車!発表と違う!1年経たずに計画変更か?


こんにちは!
今回は東武鉄道100系に関する記事を書いていきたいと思います。
昨日、東武鉄道スペーシア用の100系の105Fが廃車となりました。この編成は雅塗装を纏った編成であり、100系としては104Fに続いて2編成目の廃車となります。この編成の廃車により雅塗装は残り1編成のみとなります。
雅塗装もついに消滅間近となってしまい、粋・雅のメタリック100系塗装が好きな身からすると寂しい限りなのですが、そうは言うものの、この編成は昨年のダイヤ改正以来休車となっており、その影響で、現在も現役で活躍している車両の雅塗装は1編成しか残っていない状況でしたので、見かける頻度は特に変わらないということです。しかし、残る1編成も、検査期限などを考えると今年中に消える可能性は高いと思いますので、記録はお早めにすることをおすすめします。


100系 雅塗装



ここから105Fに話を戻しますが、105Fはもともと廃車にはならない予定の編成だったのです。その根拠が、スペーシアの原色復刻発表の際の、復刻対象編成に105Fが含まれていたことです。2021年5月に発表された復刻塗装に関するプレスリリースに、ご丁寧に対象となる編成が記載されていました。その中に105Fは含まれていました。ちなみに、この当時の発表から104Fに関しては復刻の対象編成に含まれておらず、実際にサニーコーラルオレンジ塗装のまま廃車となっていることから考えても、この当時から104Fに関しては廃車の計画はあったのものと思われます。しかし、105Fに関してはこの当時には復刻の対象になっていたということで、当時の計画では105Fに関しては残留する予定だったのでしょう。その後、同年11月にも復刻塗装対象の編成が記載されたプレスリリースを発表しており、その際にも105Fの記載があったことから、この時点でも105Fに残留の計画があったものと思われます。
しかし、2022年3月改正で、リバティの運用が増加し、100系の運用は1日5運用とこれまでよりも運用数が削減されました。そのことにより、104F以外にも105Fが休車となり、当時から注目を集めていたという状況です。105Fに関しては、約1年程度運用についていないながらも、スペーシアの運用が回っていたことから、復帰は絶望的との見方が多かったのですが、結果的にその通りになってしまったというわけですね。

塗装変更の発表が2021年6月、廃車前提の休車が2022年3月ですので、発表から1年も経たずに運用離脱となっています。こういったことから発表から1年も経たずに計画変更となったという可能性が高いと思います。リバティの導入本数については、2021年6月段階と2022年改正段階では変わっておらず、特段計画が変更となる理由が分からないような気がしますが、2021年の6月段階の計画では、2022年以降、100系はどれぐらいの本数を走らせる予定になっていたのかが気になるところですね。もしかすると、今よりも多く走らせることが計画されていたのかもしれませんね。
今回は105Fの廃車となり、動きとしては2022年3月改正分の動きということになりますが、今年はN100系が誕生する年ですので、また何かしらの動きが出て来るのでしょう。その動きも気になるところです。
最後までご覧いただきありがとうございました!

東武51001F フルカラーLED化で…崩れ続ける東武LEDの法則

こんにちは!
今回は東武鉄道に関する記事を書ていきたいと思います。
昨日、東武50000系の51001FのフルカラーLED化が確認されました。
東上線の車両のフルカラーLED化については、東武30000系で既に始まっており、二形式目になります。この動きから察するに、東上線系統の車両については、今後別の50000系の3色LEDもフルカラーに交換することで、東上線車両をフルカラーLEDと幕車のみに統一する可能性があるのではないかと思います。3色LEDの劣化という側面はもちろん関係しているのでしょうが、それにプラスして幕車の車両やフルカラーLEDの車両と3色LEDの車両では、種別の色が異なるといったことも起こっているので、それを解消しようとする狙いも感じられるような気がします。今後、51002F以降の50000系にもこの動きが広がっていくのかが注目だと思います。

30000系フルカラーLED車



そんな51001FのフルカラーLEDですが、この車両では従来の東上線のLED装着車両と異なる点があります。それが文字の書体です。実は東武鉄道のLED車両は長らく、路線を問わず明朝体の字体が使われてきました。東武30000系や8000系、50000系などの3色LED車両はもちろんのことですが、10000系列のリニューアル車両に関しても、フルカラーLEDへの換装の際、明朝体が使われてきました。そして、30000系のフルカラーLED換装車両に関しても、明朝体となっており、東上線で活躍するLED車両は全て明朝体が用いられています。しかし、今回の50001Fに関しては、ゴシック体の更新となったようです。50000系列で既にフルカラーであった50050系や50070系は明朝体(ただし、元町中華街など、一部長い駅名のみゴシック体を使用した駅名もあり)なので、51001Fに取り付けられたのは、これらとは違うものということになります。LEDの字体にゴシック体が使われているというのが、上線の車両の中では初めてのこととなりました。
しかし、本線系統では既にフルカラーLED車両のゴシック体使用は始まっていました。まず最初は東武100系です。100系は2014年ごろよりフルカラーLEDへの換装が始まていましたが、こちらにはゴシック体が使われていました。続けて、500系や70000系が、新造時からゴシック体で出場したり、20000系を改造した20400系列に関しても同様にゴシック体が用いられたりしており、徐々にゴシックの車両は増えていっていました。そして10000系列にも波及していくこととなり、館林ローカルで使われている10000系2両編成のワンマン車両たちにもゴシック体が使われています。10000系2連のリニューアル車両は、本線で活躍していたころは明朝体でしたが、館林への転属と共にゴシック体にROMが更新されました。これも話題になりましたね。
そんな状況で、今度は東上線の車両にまでゴシック対使用の波が押し寄せてきており、東武のLED車両は明朝体という法則がどんどん崩れ続けています。一方で、なぜか30000系のフルカラー換装車両は明朝体となっており、ゴシック体にするか明朝体にするかの判断基準が全く分かりません(笑)今後登場する野田線の新型車両はどうなるのでしょうね。「書体劇」にも注目していきたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!

【ノスレ登板!】キハ183代走祭り実施中! 宗谷にノスレ&ラベンダー代走


こんにちは!
現在、北海道におり私が滞在中に面白い出来事があったので記事にしたいと思います。
3月のダイヤ改正をもって引退が発表されているキハ183系ですが、本日2つの運用でキハ183系による代走が運行されています。まず一つ目が、キハ183の一般車によるラベンダー編成の代走です。


キハ183

本日は、オホーツク1号→大雪4号→大雪3号運用がキハ261系のラベンダー編成で運行予定になっていました。しかし、本日のオホーツク1号からキハ183の一般車両による代走となっています。前回のようなモノクラス編成ではなく、グリーン車を含んだ車両による代走となっていました、ラベンダー編成はグリーン車を含んでいないので、その前提で指定席券が発行されていたので、乗客がかなり困惑している様子でした。グリーン件に関しては車内発行となっており、自由な席に座って後に車掌さんにお金を払うという形になっており、その影響か、比較的空いた状況のハイデッカーを楽しむことが出来ました。

そしてもう一つはキハ261特急宗谷、サロベツキハ183系ノースレインボーエクスプレスによる代走運行です。

本日は宗谷→サロベツ4号→サロベツ3号の運用に就いています。初っ端の宗谷運用から1時間近い遅延が発生しており、サロベツ4号の旭川到着は1時間半近く遅れていました。ノースレインボーは引退が発表されており、残るは団体運用のみとなっていた中での代走登板でしたので、貴重な機会になったと思います。
キハ183のラベンダー代走に関しては、2/1まで、ノースレインボー代走は明日までは続くと思われます。引退直前のキハ183にうれしいサプライズですね。
最後までご覧いただきありがとうございました!

計画よりも大幅に延命された東急8500系 リーマンショックの置き土産


こんにちは!
今回は東急8500系に関する話題です。
先日、最後の8500系であった8637Fの廃車回送が行われ、8637Fの廃車をもって、東急電鉄から8500系は姿を消すこととなりました。1975年のデビューから48年間、非常に長い歴史となりました。残るはKAI(ジャカルタ)に12両編成×3編成(+2両)、長野電鉄に3両編成×6編成、秩父鉄道に3両編成×2編成、伊豆急行で1両が活躍しています。


8500系
そんな東急8500系ですが、実は2020年代まで残る予定ではなく、当初は東急5000系に置き換えられる予定だったのです。当初、東急は田園都市線に5000系を2009年度までに35編成導入予定であり、その車両たちで8500系を置き換える予定でした。そういった計画は2000年代に存在したもので、それよりももっと以前の計画では別の案がありました。その案は機器更新によって長く活用する案です。東急8500系はステンレス製の丈夫な車両なので、機器更新などを行い2020年代ごろまで活躍させる計画であり、実際にVVVF改造の試験が行われた編成も存在していました。(8642F) しかし、改造費が高いことなどから、その計画は中止となり、更新を行わない代わりに、2000年代から徐々に新型車両を導入し、置き換える計画に変更され、実際に東急5000系が誕生しました。そもそもが当初の予定とは異なる計画となったわけですが、その計画でさえも中止となり、東急5000系の製造は途中で打ち切られることとなります。その理由がリーマン・ショックです。



リーマン・ブラザーズの経営破綻に伴い発生した金融危機ですが、日本への影響も大きかったことはご存じの通りかと思います。東急電鉄JALの破綻などが関係し、リーマン・ショックの影響を大いに受け、経営が傾きます。更にその時期に重なるように、東急東横線では5社直通運転が始まる予定であったことにより、こちらの対策で8000,8590,9000系を置き換えるための、新型車両を導入しなければならなくなります。こういった様々な要因が重なったことにより、東急5000系の田園都市線導入は途中で中止に。8500系は24編成が2010年代後半まで使用が継続されることとなったのです。そして、2018年には東急2020系の導入が発表され、残る24編成の置き換えが行われることとなります。
当初計画では機器更新が行われることによって大幅な延命が図られるはずであった8500系。しかし、様々な要因が重なることによって機器未更新のまま2023年まで活躍することとなりました。これは何かの縁なのでしょうか。仮に東急8500系が2010年代前半までに置き換えられていた場合、地方私鉄への譲渡などはどのような動きになっていたのでしょうね。もしかすると、ジャカルタに大量に輸出され、現在も多くの編成がジャカルタで活躍していたのかもしれませんし、秩父鉄道はもっと多くの編成が導入されてたかもしれません。リーマンショックの影響がつい先日まで鉄道に色濃くのこっていたと考えると面白いものですね。
今回は東急8500系の置き換え計画に関する記事でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!

【HM交換が熱い】恋する小惑星×叡山電車 八瀬比叡山口駅でのイベントレポート!

こんにちは!
昨日、叡山電車八瀬比叡山口駅で行われた恋する小惑星叡山電車のコラボイベントに参加してきました。恋する小惑星は私が好きな作品で、このコラボが決まった時から何度もお伝えしておりましたが、ついに昨日、イベントが行われました。アニメ放送から3年経ってもなお、このようなイベントを開催してくれて、本当にうれしい限りです。今回のコラボは恋アスの5巻が発売されることに伴って実現しており、スロウスタートの10巻記念コラボに続く開催となりました。しばらくきららアニメの放送が無いことが関係しているのかもしれませんが、過去に放送されたアニメのコラボはうれしいものです。

それでは、イベント内容を簡単に書いていきたいと思います。

今回のイベントは、5月までヘッドマークが掲出される723号が八瀬比叡山口の2番線に常設で展示され、営業運転を行っている車両との並びが撮れるようになっています。車内も解放され、車内展示も見られるようになっています。1枚目の写真は「ひえい」との並びです。

5月まで掲出されるヘッドマークのデザインはこちら
出町柳ヘッドマーク
[
地学部員5人(イノ先輩、みら、あお、ナナ、チカ)

八瀬比叡山口ヘッドマーク

OG組(さくら先輩、モンロー先輩)

両サイドで計7人が載ったデザインです!



この日は、本日29日までのスロウスタートHM掲出車も運行されており、恋アス車との並びを撮ることが出来ました!両方好きな者からすると大歓喜の並びです(笑)

11時30分からは営業車に世代交代前の地学部5人が単独でデザインされた単独HMの掲出が始まります。この単独HMを付けた状態で、八瀬比叡山口出町柳を1往復します。1往復後はHMが交換され、その交換シーンも見ることが出来るようになっていました。その写真もすべて載せたいと思います。


11時30分:出町柳方みら、比叡山方あお



12時15分発:出町柳方:あお、比叡山方:モンロー先輩



13時発:出町柳方:モンロー先輩、比叡山方:イノ先輩


イノ贔屓

ここで、723号のHMが取り外されるという、予告外の事態が発生。何が起こるのかと思えば、なんとHMがあおの単独HMに交換されました。

モンロー先輩×あお723号

えいこ&かむり×あお

取り外された正規HM



13時45分発:出町柳方:イノ先輩、比叡山方:さくら先輩
ここでも723号のHM交換が発生!あおからみらに代わりました。

この後、出町柳方にさくら先輩、八瀬比叡山口方にみらが配置される交換がもう一回ありましたが、時間の関係上、ここで離脱しました。
HM交換も頻繁に行われ、非常に楽しいイベントでした。初日に行ってよかったと思います。HM自体は5月まで掲載され、車内展示もありますので、ぜひ行ってみてください。
最後にHM交換シーンの動画を貼り付けて終わります。


最後までご覧いただきありがとうございました!
P.S.この後、機内で恋アスを見返していて、改めて良いなぁと。3話のイノ先輩の宝探し回が特に好きです。

銀色つばさがまさかの復活!&E8系御披露目撮影会も実施

こんにちは!
先ほど、驚く発表がありました。
銀色つばさが復活です!
https://www.jreast.co.jp/press/2022/sendai/20230126_s01.pdf
どうやら、2/11に銀色つばさの復活御披露目会が山形駅で行われるようです。
E2系の200系復刻に引き続き、今度は銀色塗装復刻です。山形県知事の影響もあり、なかなか難しいのではないかと思っていましたが、出来るんですね。
新幹線復刻が最近、アツいですね。

そのほか、2/24には山形新幹線の新型車両、E8系の御披露目撮影会も開催されるようです。先日、船での輸送が確認されていましたが、早速の御披露目ですね。
詳しくはプレスリリースでご確認ください。