てつとお(ポケモンガオーレ、アニポケ、鉄道)のブログ

てつとおのブログ

主に鉄道記事、アニメ感想を書いています。

787系リレーかもめで普通車に乗車する時は4号車をおすすめしたい


こんにちは!
今回はJR九州787系に関する記事です。
JR九州では2022年秋のダイヤ改正から西九州新幹線が開業し、それに伴い長崎まで直通運転が行われていた特急かもめ号は廃止、現在は博多(小倉)~武雄温泉間を結ぶリレーかもめ号が運転されています。使用車両は787系8両編成と885系です。そのうち、787系に注目していきたいと思います。787系には、普通車でもおすすめの号車があることをご存じでしょうか?少し乗り得に感じる号車です。そんな乗り得号車を紹介していきたいと思います。


787系

乗り得は4号車

タイトルにもある通りですが、乗り得号車は4号車です。4号車車内は半分に分かれており、片方半分はボックス席、もう半分は普通席となっています。この半分の方の普通席が乗り得な席になっています。4号車普通席はこんな感じです。

一見普通の号車に見えますが、実はかなり良い室内になっています。
まず、設置されている座席は885系と同じものになっています。座席に関しては普通の物ですが、この号車が豪華なのはシートピッチです。787系の普通車は1000mmとなっていますが、この号車のシートピッチは1200mmです。一般的なグリーン車の間隔は1160mmとなっていますので、グリーン車よりもシートピッチが広いことになります。これが豪華な一番の要因です。しかし、通常の号車と違い座席上の荷物棚が無いというのは通常号車よりも劣る点かと思います。ただ、これだけシートピッチが広ければ十分かなと思います。
また座席上の照明が特徴的な点も独特なポイントです。



ではなぜこのようなシートピッチが広く、荷物棚のない仕様になっているのでしょうか。この理由はかつてここがビュッフェとして使われていたからなのですね。787系にはつばめとして活躍していたころ、ビュッフェが存在していました。ところが2003年をもってビュッフェがなくなってしまいました。そこで元々ビュッフェがあった場所に普通席を設置することになったのですね。このように後付けで座席を設置したため独特な雰囲気になっています。シートピッチが広い理由ですが、おそらく窓枠に合わせて座席を設置したためこのような間隔になっているものと思われます。また、天井の収納もないので、その点も広くなった理由の一つでしょうね。このような理由で独特な雰囲気になっています。

そんな独特な号車ですが、リレーかもめで運転される際は4号車は指定席となっています。一方、この8両編成の787系は同じく長崎本線特急のかささぎにも使われます。かささぎの場合4号車は自由席になりますので、自由料金で乗ることが出来ます。かささぎで乗る方がおすすめですね。そのほか、8両編成の車両は門司港~博多で走っているきらめきでも使われており、きらめきの場合も自由席で乗ることが出来ます。ちなみに4号車が自由席の場合、4号車のもう半分のボックス席も自由席になります。これもかなり乗り得ですね(笑)

また、787系は6両編成の車両もあり、6両の編成の場合、この豪華な号車は3号車に連結されています。6両編成の車両はかささぎやかいおう、にちりん、きらめきで使われています。8両編成の車両と6両編成の車両ではこの豪華な車両の連結位置が違いますので、注意が必要ですね。

今回は787系のシートピッチが広い車両のご紹介でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!